女の人

頑固な汚れが多い換気扇は適した洗剤で掃除しよう

驚くほどキレイに

掃除

洗剤を使わなくても良いあっちこっちふきんを上手に使用していく事で、今まで使っていた掃除用具もだいぶ減らしていく事が出来るのではないでしょうか。色んな場所や素材にも適応出来るので大掃除の際には負担も軽減し、重宝する事でしょう。

もっと読む

清潔な環境で過ごしたい方

掃除用品

生活空間の不快な汚れをキレイさっぱり解消してくれるのが住居用洗剤です。近年求められていることは、洗浄力と安全性、どこでも使えるオールマイティ性となっています。もし迷った場合にはランキングサイトを確認するといいでしょう。

もっと読む

少しの手間が家族の安全に

野菜

通常の洗浄で落ちない雑菌や農薬は、野菜専用の洗剤できれいになります。自然の素材を使用しているうえに、水に浸すだけで作業は完了です。野菜の表面にキズがある場合、栄養が流出する可能性もあります。変色や溶けは時間調整で回避しましょう。

もっと読む

汚れを楽に落とせる

換気扇

換気扇の掃除には、工夫が必要です。ただやみくもに洗剤をつけてごしごしこすっても、汚れが落ちないばかりか、時間がかかります。換気扇の掃除の頻度は、一ヶ月に一回を目安に掃除をすると、楽に汚れを落とすことができます。掃除はまず、換気扇のプラグを抜くか分電盤のブレーカーを切るなどしてから行います。そして、ゴム手袋を着用して、けがをしないようにします。次に、換気扇の汚れの状態を確認します。軽い汚れの場合には、キッチン用洗剤を使って掃除します。洗剤によって、換気扇に直接吹きかけるものや、つけ置きをするものなどがあります。自分が使いやすいものを選びます。汚れをこするときには、樹脂製のたわしを使用します。金属製のたわしは、塗装がはがれるおそれがあります。

換気扇にこびりついた汚れを落とす方法として人気があるのは、つけ置きする方法です。その方法は、換気扇のファンを取り外して、割りばしやへらなどで大まかな汚れをこそぎ落とします。そのあと、シンクにゴミ袋を二重にしたものを準備して、換気扇、お湯、酸素系漂白剤、キッチン用の中性洗剤を入れて溶かし、二十分から三十分ほどつけ置きします。すると、汚れが浮き出てきて、簡単にきれいにすることができます。つけ置きできない部品などは、お湯に酸素系漂白剤や中性洗剤を溶かしたものをキッチンペーパーに染み込ませて貼り付けて、汚れを浮かします。また、このときに上からラップをかけて汚れに密着させると、洗剤の効果がアップします。